犬 サプリメント 目

犬用のサプリメントでワンちゃんの目のケアをする

犬用のサプリメントでワンちゃんの目がケアができます。

 

犬も人間と同じように目の病気に悩まされます。

  • 結膜炎
  • 角膜炎
  • 白内障
  • 緑内障
  • チェリーアイ

このような目の病気にかかるかもしれません。
とくに8歳以上のワンちゃんになると発症率が急増するといわれています。

 

また、紫外線によってちょとずつ犬の目にダメージが与えらています。
そうかといって散歩に連れて行かないというわけにはいきません。

 

犬の目の病気は進行すると手術をしなくてはいけねくなるケースがあります。
最悪、失明なんてことも考えられます。
このように目の健康を損なってからでは視覚障害などの手遅れになるケースもあります。

 

ワンちゃんに辛い思いをさせないためにも目のケアが必要になってきます。
そのためには重い目の病気になる目にの健康維持や予防をすることが大切です。

 

  • 動作が鈍くなってきた
  • 壁づたいに歩くようになってきた
  • 物のよくぶつかるようになってきた
  • 目ヤニが増えた
  • 目が涙目である
  • 目の周辺の毛が濡れている
  • 目を頻繁にこするようになってきた
  • 視力が低下したようである

 

犬は喋れませんので、このようなワンちゃんのちょっとした仕草の変化があったら気を付けてあげないといけません。

 

 

犬用のサプリメントで手軽にアイケアをすることができます。
抗酸化作用のあるブルーベリーとか抗炎症作用のあるルテインがイイと聞いたことがあるかもしれません。
人間用の目のサプリでもこのような成分が入っている商品が販売されています。

 

ここでこんな疑問をお持ちになった方もいらっしゃるかもしれません。

 

人間用のサプリメントではダメなのか?

 

人間と犬などの動物では体の大きさが違いますので、適切な数量や用量はどれくらいなのかが分かりません。
また、人間は大丈夫だけどワンちゃんは苦手な食べ物や成分があります。
そこを気にする必要がありますので、人間用のサプリメントはあまり向かないのではないでしょうか。

 

逆に犬のサプリを人間が摂ったら大丈夫なのかとお考えになるといいのかもしれませんね。

 

 

サプリの紹介

犬用のアイケアサプリメントをご紹介します。
犬用なので用量や数量などはご心配しなくても大丈夫です。
このサイトがあなたの愛犬の目の悩みの改善や解決に役立てればと思います。。

 

毎日愛眼

【特長】
国産で無添加(保存料・香料・着色料・化学調味料を使用していません)の犬専用のアイケアができるサプリメントです。
毎日愛眼(ブルーベリー&ルテイン)はブルーベリー、ムラサキイモ、ルテイン、セルラーザ、アスタキサンチン、グリーンプロポリス、メグスリノキなどの目に有効な成分が配合されています。

 

特長

  • 抗酸化、抗炎症化、抗菌化が一粒に凝縮
  • 安心、信頼の国産
  • GMP認定、ペットフード安全法に基づく製造
  • 香料・保存料・化学調味料なし
  • チキン味

 

チキン味なので、犬の種類は問わず大型の犬から小型の犬まで摂ることができるサプリメントです。
犬種を問いませんので、どの犬でも摂ることができます。
また、豚レバー、鶏肉、ビール酵母が入っているので、ワンちゃんの食いつきがよく、長く使用することができます。

 

詳細やご購入はこちらの「毎日愛眼」のl販売元の公式サイトはこちらをご覧ください。
ペットサプリメントのウィズペティから「愛犬の為の目のサプリ」【毎日愛眼】



 

 

原材料名
ビール酵母、チキンエキス、紫イモ末、デキストリン、還元麦芽糖水飴、ビルベリーエキス末、豚肝臓、プロポリスエキス末、メグスリノキエキス末、セルロース、微粒酸化ケイ素、ステアリン酸Ca、ヘマトコッカス藻色素(アスタキサンチン含有)、マリーゴールド色素
(原材料の一部に、豚肉、大豆、鶏肉を含む)

 

 

サプリメントは万能ではない

サプリメントは栄養補助食品です。
医薬品ではありません。

 

しかし、過剰摂取はワンちゃんなどのペットの体にとってよいものではありません。
症状が改善されるどころか悪化してしまう可能性もあります。
また、サプリメントならなんでも与えていいものでもありません。
体外に排出されるものならまだしも、犬の体内に蓄積されるものもあります。

 

ワンちゃんの体の調子や症状ににあったものを与えて下さい。

 

サプリはドッグフードなどの日ごろの食事にでは不足する栄養を摂れるものです。
不足する栄養を詰め込んでいますが、ある程度の期間使用しなくては効果が見込めないかもしれません。
即効性をお求めの場合は、サプリメントではなく獣医さんに診せてあげたほうがよい場合もあります。

 

今回ご紹介したサプリメントは犬の目の病気を予防するものですので、既に犬が目(眼)の病気にかかってしまっている場合は、動物病院の獣医師さんに診せてあげて下さい。
サプリは栄養補助食品ですから薬ではありません。
即効性もありません。

 

愛犬の体の調子や症状にあった方法をお選び頂くと、わんちゃんの体への負担を軽くすることができますし、辛い思いをさせなくて済むのではないでしょうか。

 

 

目の周りを清潔に保つ

犬の目の周りを清潔に保つことが重要です。
ワンちゃんの目の周りに目ヤニがたくさん付いていたり、涙が出ていて目の周りの毛が濡れていたりしていませんか。
目ヤニが出たり、涙が出過ぎているということは眼になんらかの異常が起こっているのかもしれません。

 

例えば、犬が角膜炎になっていると激しい痛みが出ますので、ワンちゃんが目を足でこすっていたりします。
角膜炎は眼に異物が入ったり傷ができたりして、細菌によって感染した状態です。
痛みが出ますので、目が開かなくなったりして目ヤニや涙が出てきます。

 

また、痒がらないで目ヤニがたくさん出て、眼球の辺りが白濁している場合は、潰瘍の可能性があります。

 

目ヤニが残ったり毛が涙で湿ってしまっていると細菌がさらに発生する可能性があります。
犬の目の周りは常に清潔に保ってあげたいですね。

 

ワンちゃんによっては、目元を触られるのが嫌な子もいるかもしれません。
瞼の上から目の周囲全体を包み込むように拭いてあげると怖がらなくなるかもしれません。

 

 

ワンちゃんの目の周りに異常がでたり、目をこすり過ぎていたりした場合は、飼い主さんだけで判断しないで早めに獣医さんの診察を受けて下さい。
最悪の場合、視力が低下したり、失明をしたりする可能性があります。

 

犬の目に有効な成分

@アスタキサンチン
海産物に含まれている成分です。
脂溶性で強い抗酸化作用があります。
紫外線による目の障害を予防する効果があります。

 

AビタミンC
白内障に有効な成分。

 

BビタミンE
脂溶性で抗酸化作用があります。
犬はビタミンEが不足すると網膜変性になる可能性があります。

 

Cアントシアニン
抗酸化物質のポリフェノールです。
緑内障の進行を抑える効果があるといわれています。
ブルーベリーに多く含まれている成分です。

 

DGSE(ブドウ種子エキス)
水溶性で抗酸化作用があるプロアントシアニジンを含んでいる成分です。
白内障の予防作用があるといわれています。

 

Eラクトフェリン
感染症防御機能をもつタンパク質です。
感染を防ぐ、抗菌・抗ウィルス、抗炎症などの作用があるといわれている成分です。

 

Fルティン
緑黄色野菜に含まれる色素です。
有害な光から目を保護したり、加齢による目の病気に対する効果が期待できる成分です。