犬 サプリメント 目

犬用のサプリメントでワンちゃんの目のケアをする

犬用のサプリメントでワンちゃんの目がケアができます。

 

サプリメントの紹介へスキップ

 

 

犬も私たちと同じように目の病気に悩まされます。

  • 結膜炎
  • 角膜炎
  • 白内障
  • 緑内障
  • チェリーアイ

このような目の病気にかかるかもしれません。
犬種によりますが6歳くらいから症状が出てきて、とくに8歳以上のワンちゃんになると発症率が急増するといわれています。
犬は人より年齢の進みが早いです。

 

また、紫外線によってちょとずつ犬の目に刺激やダメージが与えらています。
そうかといって散歩に連れて行かないというわけにはいきません。

 

犬の目の病気は進行すると手術をしなくてはいけねくなるケースがあります。
最悪、失明なんてことも考えられます。
このように目の健康を損なってからでは視覚障害などの手遅れになるケースもあります。

 

ワンちゃんに辛い思いをさせないためにも目のケアが必要になってきます。
そのためには重い目の病気になる目にの健康維持や予防をすることが大切です。

 

  • 動作が鈍くなってきた
  • 壁づたいの場所をぎこちない動きで歩くようになってきた
  • 物のよくぶつかるようになってきた
  • 目ヤニが増えた
  • 目が涙目である
  • 目の周辺の毛が濡れている
  • 目を頻繁にこするようになってきた
  • 視力が低下したようである

 

犬は喋れませんので、このようなワンちゃんのちょっとした仕草の変化があったら気を付けてあげないといけません。

 

 

犬用のサプリメントで手軽にアイケアをすることができます。
抗酸化作用のあるブルーベリー(アントシアニン)とか抗炎症作用のあるルテインがイイと聞いたことがあるかもしれません。
人間用の目のサプリでもこのような成分が入っている商品が販売されています。

 

ここでこんな疑問をお持ちになった方もいらっしゃるかもしれません。

 

人間用のサプリメントではダメなのか?

 

人間と犬などの動物では体の大きさが違いますので、適切な数量や用量はどれくらいなのかが分かりません。
小型犬、中型犬、大型犬などによって身体の大きさが異なりますので、適切な量がハッキリとしません。
また、人間は大丈夫だけどワンちゃんは苦手な食べ物や成分があります。
そこを気にする必要がありますので、人間用のサプリメントはあまり向かないのではないでしょうか。

 

逆に犬のサプリを人間が摂ったら大丈夫なのかとお考えになるといいのかもしれませんね。

 

 

サプリの紹介

犬用のアイケアサプリメントをご紹介します。
犬用なので用量や数量などはご心配しなくても大丈夫です。
このサイトがあなたの愛犬の目の悩みの改善や解決に役立てればと思います。。

 

商品名 毎日愛眼

 

【特長】
国産で無添加(保存料・香料・着色料・化学調味料を使用していません)の犬専用のアイケアができるサプリメントです。
毎日愛眼(ブルーベリー&ルテイン)はブルーベリー、ムラサキイモ、ルテイン、セルラーザ、アスタキサンチン、グリーンプロポリス、メグスリノキなどの目に有効な成分が配合されています。

 

 

  • 抗酸化、抗炎症化、抗菌化が一粒に凝縮
  • 安心、信頼の国産
  • GMP認定、ペットフード安全法に基づく製造
  • 香料・保存料・化学調味料なし
  • チキン味

 

チキン味なので、犬の種類は問わず大型の犬から小型の犬まで摂ることができるサプリメントです。
犬種を問いませんので、どの犬でも摂ることができます。
また、豚レバー、鶏肉、ビール酵母が入っているので、ワンちゃんの食いつきがよく、長く使用することができます。

 

詳細・価格、レビュー、ご購入はこちらの「毎日愛眼」のl販売元の公式サイトをご覧ください。
↓     ↓     ↓
ペットサプリメントのウィズペティから「愛犬の為の目のサプリ」【毎日愛眼】



 

 

原材料名の表示
ビール酵母、チキンエキス、紫イモ末、デキストリン、還元麦芽糖水飴、ビルベリーエキス末、豚肝臓、プロポリスエキス末、メグスリノキエキス末、セルロース、微粒酸化ケイ素、ステアリン酸Ca、ヘマトコッカス藻色素(アスタキサンチン含有)、マリーゴールド色素
(その他、原材料の一部に、豚肉、大豆、鶏肉を含む)

 

 

サプリメントは万能ではない

サプリメントは栄養補助食品です。
医薬品ではありません。

しかし、過剰摂取はワンちゃんなどのペットの体にとってよいものではありません。
症状が改善されるどころか悪化してしまう可能性もあります。
また、サプリメントなら便利だからといって何でも与えていいものでもありません。
豊富に与えれば効果があるという訳でもありません。
体外に排出されるものならまだしも、犬の体内に蓄積されるものもあります。

 

 

ワンちゃんの体の調子や症状ににあったものを与えて下さい。

 

サプリはドッグフードなどの日ごろの食事にでは不足する栄養を摂れるものです。
不足する栄養を詰め込んでいますが、ある程度の期間使用しなくては効果が見込めないかもしれません。
即効性をお求めの場合は、サプリメントではなく獣医さんに診せてあげたほうがよい場合もあります。

 

今回ご紹介したサプリメントは犬の目の病気を予防するものですので、既に犬が目(眼)の病気を患っている場合は、動物病院の獣医師さんに診せてあげて下さい。
サプリは栄養補助食品ですから薬ではありません。
即効性もありません。

 

愛犬の体の調子や症状にあった方法をお選び頂くと、わんちゃんの体への負担を軽くすることが可能ですし、辛い思いをさせなくて済むのではないでしょうか。

 

 

目の周りを清潔に保つ

犬の目の周りを清潔に保つことが重要です。
ワンちゃんの目の周りに目ヤニがたくさん付いていたり、涙が出ていて眼の周りの毛が濡れていたりしていませんか。
目ヤニが出たり、涙が出過ぎているということは眼になんらかの異常が起こっているのかもしれません。

例えば、犬が角膜炎になっていると激しい痛みが出ますので、ワンちゃんが目を足でこすっていたりします。
角膜炎は眼に異物が入ったり傷ができたりして、細菌が感染し増殖した状態です。
痛みが出ますので、目が開かなくなったりして目ヤニや涙が出てきます。

 

また、痒がらないで目ヤニがたくさん出て、眼球の辺りが白濁している場合は、潰瘍の可能性があります。

 

目ヤニが残ったり毛が涙で湿ってしまっていると細菌がさらに発生する可能性があります。
犬の目の周りは常に清潔に保ってあげたいですね。

 

 

ワンちゃんの目の周りに異常がでたり、こすり過ぎていたりした場合は、飼い主さんだけで判断しないで早めに獣医さんの診察を受けて下さい。
最悪の場合、視力が低下したり、失明をしたりする可能性があります。

 

犬の目に良い有効成分

@アスタキサンチン
海産物に含まれている成分です。
脂溶性で強い抗酸化作用や抗炎症作用があります。
紫外線による目の障害を予防する効果があります。
サプリメントで使用されているアスタキサンチンは、エビやカニなどの甲殻類由来でなくヘマトコッカス藻由来の商品が主流です。

 

AビタミンC
白内障に有効な成分。
紫外線により目でも活性酸素種といわれるものが発生しています。
ビタミンCが不足すると眼の水晶体が白く濁る白内障になるリスクが高まります。

 

BビタミンE
脂溶性で抗酸化作用があります。
犬はビタミンEが不足すると網膜変性になる可能性があります。

 

Cアントシアニン
抗酸化物質のポリフェノールです。
緑内障の進行を抑える効果があるといわれています。
紫外線などによって水晶体が酸化するのを防ぐ効果があるといわれています。
アントシアニンは、ブルーベリーに多く含まれている成分です。
紫色を作り出している天然色素です。
アントシアニンは、視界がぼやける、しょぼつくといった症状を抑える効果が期待できます。

 

DGSE(ブドウ種子エキス・プロアントシアニジン)
水溶性で抗酸化作用があるプロアントシアニジンを含んでいる成分です。
白内障の予防作用があるといわれています。

 

Eラクトフェリン
感染症防御機能をもつタンパク質です。
涙や血液などの粘膜液にあるタンパク質です。
感染を防ぐ、抗菌・抗ウィルス、抗炎症などの作用があるといわれている成分です。

 

Fルティン
緑黄色野菜に含まれる色素です。
眼球の水晶体や黄斑部に多くあります。
有害な光から目を保護したり、加齢や老化による目の病気に対する効果が期待できる成分です。

 

犬の眼の病気

犬の眼の主な疾病は以下ような症状です。

 

@白内障
本来はクリアな眼のレンズのような水晶体が白く濁ってしまう病いです。
緑内障を併発するリスクがあります。
視力に障害が出てきます。
また、眼が白く濁った色に変わってきます。
原発性は、遺伝的な要因です。
後天性は、加齢、糖尿病、網膜症などが原因です。
犬は5歳未満(6歳以下)で発症する原発性白内障の発生率が高いのが特徴です。

 

健康な細胞を酸化させる酸化ストレスが一因と言われていますので、酸化ストレス対策は抗酸化作用のある食材やサプリメントを与えることで軽減が可能で白内障予防の対策をすることが出来ます。

 

抗酸化作用のある成分は、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル、リコピン、ベータカロチン、アントシアニン、カテキン、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなどです。

 

A角膜炎
眼球の表面の角膜が炎症を起こします。
涙が多く出たり、目をこすったり、瞬きを普段以上にするようになります。
非腫瘍性と腫瘍性があります。
非腫瘍性は角膜上皮に炎症があるものです。
腫瘍性は角膜上皮の下の深部にある角膜実皮にまで炎症があるものです。

 

B結膜炎
眼球の白目の部分に炎症が起こる病気です。
白めが充血し、、瞬きや多くなったり涙が多く出ます。

 

Cもののらい(マイボーム腺腫)
まぶたの油脂を分泌する穴に炎症が出ます。
まぶたの縁が赤く腫れます。

 

Dチェリーアイ
眼の内側の瞬膜から瞬膜腺が飛び出して赤く腫れた状態です。
眼が真っ赤に腫れます。

 

E緑内障
眼圧が上昇することで、網膜や視神経が影響を受け、視野が狭くなります。
緑内障は急性と慢性の2種類があります。
急性は、眼圧が急に高まり、眼の充血や瞳孔が開いた状態となり、青灰色の眼になってしまいます。
慢性は、眼圧が高い状態のまま続き、角膜にヒビが入り、視力低下や失明の状態になってしまいます。

 

白内障も緑内障もどちらも症状が悪化すると失明の可能性が高まります。

 

犬の眼がおかしい

愛犬の眼をたまにチェックしてあげてください。
症状の特徴や例を記します。
ご参考になさって下さい。
いつもとは違っていたら、病気や疾患のサインかもしれません。
健康な犬の眼や瞳はキラキラしていて濁りもありません。

 

何らかの異常がありそうな場合は、専門の獣医の先生に受診させて下さい。
明らかに異常な状態なら今すぐにかかりつけなどの医師に相談なさると思いいますが、涙が出ているといった日常の生活でもあるケースの時ほど放置してしまい、重病の初期のサインに気が付かないで、早期に発見が遅れてしまうこともあります。
人間も、眼科に通院するくらいのことではないと症状を軽くみてしまうことがあります。
しかし、ワンちゃんはしゃべれませんので、配慮してあげることが大切です。

 

日頃から一緒に暮らしている愛犬の状態をチェックし把握しておくことが大切なのではないでしょうか。

 

@涙や涙やけや目やに出ている、瞬きが多い。
涙が出ていたり、目やにが多めに出ていたり、まばたきがいつもより多い場合は、結膜炎や角膜炎、ドライアイなどになっているかもしれません。

 

A眼が充血している。
眼が充血している場合は、結膜炎などの可能性があります。

 

B眼球が白く濁っている。
眼球が白く濁っている場合は、白内障や角膜炎や緑内障の可能性があります。

 

C眼球が飛び出している
結膜炎や緑内障、眼球脱出の可能性があります。

 

E眼がしらから瞬膜腺が飛び出している。
チェリーアイなどの可能性があります。

 

F瞳孔が開いている
緑内障が進行している可能性があります。

 

ブルーベリーはに眼に良いのか

目に良い食材としてブルーベリーの存在が注目され知られています。
ブルーベリーに含まれているポリフェノールの一種である青紫色天然色素の栄養素のアントシアニンが目の疲れを和らげ、視力低下を防ぎ視力の向上を促進する期待が持てると言われています。
その理由は、光の情報を脳に伝えるロドプシンという物質が目の網膜にあります。
アントシアニンはロドプシンの再合成を助ける働きがあるので、目の視覚機能を改善できるのです。

 

犬はブルーベリーを食べれるのか

ブルーベリーは目の視覚機能を改善することができる食材です。

ブルーベリーに含まているアントシアニンやビタミンEとビタミンCは犬に与えても大丈夫な成分です。
よって愛犬にブルーベリーを与えても基本的には問題はありません。
ワンちゃんは全くブルーベリーを食べられない訳ではありません。

 

しかし、人間と犬とでは、体の仕組みが違い、食べれれる食材と食べれらない食材があったり、得意な食材と苦手なものがあります。
ナチュラルな食だから何でも与えていいのかという訳ではありません。
また、一度に食べれれる量が違いますので、ブルーベリーを犬に与えても大丈夫なのですが、適量を与えるのがポイントです。
あと、ジャムなら賞味期限も長いし冷蔵庫で保存が効くからとお考えになる方はご注意をなさって下さい。
通常の市販されている人間が食べるジャムは砂糖がたくさん添加されていますので、わんちゃんに与えないほうがよさそうです。

 

犬は肉食ですから、野菜をはじめ果物にも多く含まれている食物繊維を消化するのが苦手です。
1回1回適量ならお腹によいかもしれませんが、与え過ぎはお腹の不調の原因となります。
安全性があるブルーベリーもたくさん与え過ぎないように注意をする必要があります。
また、アレルギーなどの体質のワンちゃんには与えてはいけません。
他の食事やワンちゃんの体の大きさなど総合的に考えてあげることが大切です。

 

不安な方におすすめは、栄養補助食品である犬用のサプリメントを利用し、アントシアニンが含まれているものを与えたほうが安全かもしれません。

 

老化による視力低下

老化による体や代謝や機能の衰えが起こってきます。
犬種にもよりますが、先天性のものを除くと6歳くらいから症状が出てくるワンちゃんもいます。
シニア犬の視力もストレスや高齢や加齢が要因で低下してくることがあります。

 

犬の視力が低下すると、物によくぶつかるようになります。
視野が狭くなったり、視界がボケてくると物にぶつかるようになります。

 

視力が低下するこによって、以前より億病になったり行動が消極的になったりすることがあります。
逆に、前より攻撃的になることもあります。
臆病な犬ほどよく吠えるといわれています。
臆病になるから攻撃的になるということなのですね。

 

犬の視力が低下してきたのかと、飼い主さんが無用に不安になってもいけません。
まずは、動物クリニックで検査して視力が低下したのかを確認なさることを推奨します。。
また、視力が低下したと診断された結果、ワンちゃんへのサポートや対応はどうしたらいいのか、環境はどのように整えるのがいいのかなども獣医師のような専門家にご相談なさって説明を受けてみて下さい。

 

目の周りの手入れ

犬の目の周りの手入れはきちんとやってあげることが大切です。
日々のケアはペット用品でなく身の回りにある普通のアイテムで行えます。
ワンちゃんによっては、目元を触られるのが嫌な子もいるかもしれません。
瞼の上から目の周囲全体を包み込むように拭いてあげると怖がらなくなるかもしれません。

 

ぬるま湯で濡らしたタオルやガーゼなどを使用して、1日1回くらい軽く拭いてあげて清潔な状態をキープします。
その後は、乾いたタオルやガーゼで毛に付いた余計水分を全て取って下さい。
眼にゴミが入っていたら小さい物であれば涙で洗い流せるかもしれません。
ちょっと様子を見てみて下さい。
大きいゴミであったら取ってあげて下さい。
ただし、ゴミを取ってあげる時に眼球を傷つけないように注意が必要です。
犬用の目薬があれば、それで洗い流してみて下さい。

 

洗浄タイプの犬用の目薬もあります。
また、他にホウ酸を使用して手作りも可能です。
目薬は犬の眼尻からそっと点して下さい。
目薬が大好きな犬ってほとんどいないと思いますので、頭をきちんと固定してあげて下さい。
それから、流れた目薬は乾いたタオルやガーゼに吸収させ、すべて拭いてあげて下さい。

 

どうしても取れないゴミの場合や、ゴミではなさそうなモノの場合は、獣医師に診せてあげて下さい。
ゴミではなく、眼の病気のサインかもしれません。

 

目の周りを清潔に保つことによって防げる病気があります。
また、目にゴミが入っているとワンちゃんは擦って取ろうとします。
犬の前足はヒトの手と違って器用ではありません。
その際に眼を傷つけると、このことが原因で病気になることが考えられます。

 

犬にサプリメントを与える

犬にサプリメントを与える場合、与え方はサプリメントによりけりで様々です。
パッケージに表記されている注意書の内容をお読みの上、適切な量や投与する回数をご確認下さい。

 

普段の食事の際に一緒に与えるものに関しては、ドッグフードに混ぜたり、ふりかけたりします。
食事以外にもおやつのように与えるタイプもあります。

 

ワンちゃんは鼻が人間よりいいですし、とってもお利口な子もいますので、風味や香りなどからサプリメントと気が付く場合があります。
また、以前に口に含んだサプリの味や臭いを覚えている場合もあります。

 

サプリメントには即効性がありません。
しかも、薬ではなく食品という分類です。
サプリメントの役割は、日頃の食事で摂っている栄養バランスにに不足している物やプラスして摂取を強化したい物を手ごろに代用することです。
だから、毎日継続的に摂取することで効果が期待出来るようになります。
もしも、毎日のフードに混ぜたり、トッピングして与えるサプリメントを嫌がる場合は、おやつとして食べられるタイプなどに変えるなどして、ワンちゃんの状況を考えて与えることをおススメします。。

 

 

 

当サイトを最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。